スポンサーリンク

うちの父は昔から厳格で厳しかった。
その性格もあり、あまり神や幽霊といった非科学的なものを信じない。
小さい頃、兄弟同士で幽霊の話をして怖がっていたら、父が「そんなもんはおらん!」と言って笑っていた。

スポンサーリンク

 

そんな矢先、家に1本の電話がかかってきた。
出てみると、どうやら某宗教団体の人からだった。
「お父さんが聖書を買ってくれました。読んでくれましたか?」とその人が言っているのでびっくり。
何かの間違いと思い電話を切ったが、兄弟同士で「あのお父さんが聖書!?」と言い合いながら、驚きを隠せなかった。

聖書

父に詳しく聞いてみたところ、どうやら、寒い中小さい子供を連れてかわいそうだったから、1冊だけ買ってあげたとのことだった。
それはそうだ。あの父が宗教なんて信じるわけがない。
それを聞いてみんなは納得していた。

しかし、一度聖書を買っているので、信仰心があると見られたのか、そういう人はまた家にやってくる。
すると、父がつかつかと玄関口まで歩いていき「1回買ってやったやろ!もう帰れ!」と言って怒鳴り、その人を追い払っていた。

いやいや、お父さん…
セールスじゃないんだから(^_^;)

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket