スポンサーリンク

世界チャンピオン

Webを見ていると、いろいろと参考になる記事を目にすることがある。
その中でも、胸を打ち砕かれるようなカウンターをくらってしまうと感じるぐらいの記事を読んだことがあるだろうか。

スポンサーリンク

 

「竹原慎二のボコボコ相談室」
僕がこの記事にたどり着いたのは数年前の事。
内容は悩めるサラリーマンが自身の悩みを打ち明け、元プロボクサーの竹原慎二がその悩みにお答えするというWebマガジンの企画。
相談者の抱えている問題や悩みというのは、雇用問題であったり、人間関係の悩みであったりと内容は様々である。
どれもこれも社会で生きていくには避けて通れない問題で、共感できるものが多いのだが、竹原慎二は毎回喝を入れるような厳しい意見ばかり。
しかしそれでいて筋が通っていて、毎回のことながら感心させられる。

そんな中、めずらしく相談者を称賛した時があった。
相談内容はアルバイトのご機嫌取りのためおどけているが、一人になると自己嫌悪におちいるというもの。
それに対して竹原慎二は「お前はえらい」と冒頭で一言。
さらに「バイトを定着させて人員を確保することもやらんといけん。」「お前は責任感のあるええ店長じゃ。」と続けられている。

なんてかっこいいんだろう。
ミドル級世界チャンピオンとして、あれだけ強かった竹原慎二が言うのだから説得力があり、深く考えさせられる。

そんな数年前に見た記事が、まとめサイトで取り上げられていたので、今回筆をとった次第である。

参考URL:http://matome.naver.jp/odai/2133270430183174801/2134511794018154703

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket