スポンサーリンク

自然豊かな四国には、実に見応えのある滝が多数存在する。
今回はそんな中でも、僕が目にした絶景と感じた滝を3つ紹介したいと思う。

スポンサーリンク

 

第3位 徳島県三好市 琵琶の滝(びわのたき)

平家の落人が京の都を偲び、琵琶を奏で、つれづれを慰めあっていたと伝えられている。
自然に囲まれた徳島県三好市にその滝はある。

琵琶の滝

駐車場から歩いてすぐに祖谷のかずら橋があり、そのすぐそばにある高さ50mの滝。

 

第2位 高知県高岡郡 大樽の滝(おおだるのたき)

深い森の中にあるため、山の中に車を停めて、さらに山道を歩いていかないと見る事ができない。
日本の滝百選にも選ばれた高知県では最も有名な滝。

山の中に車を乗り入れ5分走る。さらに駐車場に車を停めて、このような道を15分ほど歩く。
道中で小さな滝いくつかに巡り合える。

 

間近で見るととてもカメラでは収まりきれない。
滝の素晴らしさもさることながら、道中の絶景も楽しめる。

 

第1位 徳島県上勝町 灌頂ヶ滝(かんちょうがたき)

弘法大師がこの滝の下で修行をしたという伝説がある滝。
滝の長さが70m程ある。ふもとでは水が落ちるというより霧のシャワーといってもいい。

灌頂ヶ滝

このスケールの大きさに圧倒されてしまう。

 

灌頂ヶ滝

ふもとから見上げてみる。
さらにここから登っていく事ができる。

 

灌頂ヶ滝

ちょうど滝が落ちるところ。

 

灌頂ヶ滝

滝の吹き出し口。これを見るために、相当石段を登らないと見れない。

 

以上、四国の滝、トップ3はいかがだったでしょうか?
絶景を目にする事ができる四国ならでは
これらの滝を間近で感じてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket