モバイルバッテリー

持ち運びできる充電器「モバイルバッテリー」は普段外出する事が多い方は必需品となってくる。

僕の場合、カフェやファミレスでタブレットを使ってずっと作業する事もあり、長時間に及ぶ作業となってくると、知らない間にスマホやタブレットの充電がなくなっていて、あえなく作業を中断するなんて事もしばしば。

しかも、スマホは長年使っているとすぐに充電がなくなる。
また買い換えるのももったいないし・・・。

 

そんな時に見つけた商品がこちら♪


★あす楽対応★ cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー iPhone 7 / 7 Plus / 6s / 6s Plus / 6 / 6 Plus / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応

これを持っていると、タブレットもスマホも充電しながら作業ができ、急速充電対応なので作業中でもフル充電が可能。

 

モバイルバッテリー

さらに、同時に2台充電できる優れモノ。

 

モバイルバッテリー

入力ポートが1つ、出力ポートが2つついている。

入力:5V / 2A MicroUSB
出力1:DC 5V 1A
出力2:DC 5V 2.4A

電源ボタンを押すとインジケータが光るので、どれくらい充電が残っているかが確認できるようになっている。

 

モバイルバッテリー

入力ポートはこのようにして、充電器自体を充電する時に使用する。
約8時間で充電を満タンにできる。

 

モバイルバッテリー

出力ポートはスマホやタブレットをつないで充電するために使用する。

1A側のポートでスマホを充電、2.4A側のポートでタブレットを充電するのだが、スマホ1台だけを充電する場合は2.4A側のポートを使い、さらに急速で充電させる事ができる。

※もちろんスマホ2台を同時に充電することも可能。
※iPhone5Sなら5回充電ができる。

 

モバイルバッテリー

重さは245gで少し重量感がある。
普段からずっとカバンに入れて持ち歩きたいというなら、これは少し荷物になってしまいそう。

容量は落ちるがミニタイプやスティックタイプもあるので、カバンやポケットに常駐させるなら、そちらのほうが適しているかもしれない・・・。

 

モバイルバッテリー

本体とは別に本体充電用USB-MicroUSBケーブルがついている。
もしMicroUSB対応機器の充電用として使うのであれば、このセットだけで事足りる。

サイズは4種類あり、このほかにもスティックタイプ・ミニタイプ・大容量タイプがある。
サイズが大きくなればなるほど、充電容量も大きくなるので、まずはいろいろなタイプをしっかり見てみてほしい。

 

楽天で確認する


★あす楽対応★ cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー iPhone 7 / 7 Plus / 6s / 6s Plus / 6 / 6 Plus / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応

 

Amazonで確認する

 

■この記事は、レビューブログ記事専用トラックバックセンター「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。

LINEで送る
Pocket