悲しみの雪がふる

雪 男性心理とは...ポエム
記事内に広告が含まれています。

スポンサーリンク

さよならの意味を知ってから
はじめて君の大切さを知った
別れは突如おとずれて
深夜になり響く
クラクションの音とともに
二人の時間はうばわれた

マジで想った時ほど素直になれなくて
ケンカばかりしてたけど
互いにもっと気持ちをわかり合えたなら
ずっとずっと抱いていた

“本降りになって出て行く雨宿り”
雨はやがて雪になり
僕の背中に降り積もる

恋におぼれて見つめ合う二人
甘い夜に交わしたKISSはやがて溶けいく
「本気じゃない」と言いながら
本当は誰よりも君が大好きだった

スポンサーリンク

君のために作ったカセットテープも
もう捨ててしまおう
君の趣味に合わないから
思い出になんかしたくないのに
二人の写真はこっちを見て笑ってる

真昼に消えた流星は
永久に過ぎゆく夏の夢
ネオンの中に残した
君の影をじっと見つめてる
いたずらに一日は繰り返す
時は無常に過ぎてゆき

悲しみの雪がふる
訪れない春を待って
悲しみの雪がふる
帰らぬ君を待って

スポンサーリンク

コメント