四国一周車中泊旅で苦楽を共にしてきた僕の相棒である軽自動車、HONDA LIFE(ホンダ ライフ)
そんなLIFEを特別な用具を買わず、車中泊仕様にしてみたので、その方法を紹介したいと思う。

スポンサーリンク

 

LIFEの魅力はやはり、後部座席を倒してフラットシートにできる事。
車中泊をするなら、シートをフラットにできる事が最低必須条件となる。

HONDA LIFE

こちらがLIFEの外観。

 

まずはフラットシートにする手順を紹介していこう。

HONDA LIFE

後ろから通常の状態を撮影したもの。

 

HONDA LIFE

最初にヘッドレストを後部座席のドアポケットに差しこむ。(差し込み穴がある)

 

HONDA LIFE

後部座席シート外側にある紐をひっぱると、このようにして背もたれを倒す事ができる。

 

HONDA LIFE

座椅子部分の内側の紐をひっぱると、スライドして下に収納する事ができる。
これでフラットシートにする事ができる。

この状態での後部スペースの広さが以下の通り。
奥行:130cm
横幅:110cm

この状態のままだと寝るにはまだ奥行きが足りない。
さらに、もう少し、奥行きを広げてみる。

HONDA LIFE

助手席もしくは運転席をめいっぱいまで前方にスライド。
すると隙間ができるので、そこにヘッドレストを立てかけるように固定。

 

HONDA LIFE

立てかけたヘッドレストの上にまくらを置き、後ろ側に長座布団を広げてみた。

はい!出来上がり!

この状態での後部スペースの広さが以下の通り。
奥行:150cm
横幅:110cm
男性だと、足を曲げないと寝れないが、背の低い女性の場合だと、なんとか足を延ばして寝れるレベルに。
身長170cmの僕が、これで四国一周の13日間、寝泊まりしていたのだが、たまに足を延ばしてみたくなる時もあった。

以上、手軽で簡単にLIFEを車中泊仕様にする方法でした!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket